DesignSpark PCB

  • 合計アクティビティ 793
  • 前回のアクティビティ
  • メンバー登録日
  • フォロー 1ユーザー
  • フォロワー 4ユーザー
  • 投票 135
  • サブスクリプション 464

記事

DesignSpark PCBによる最近のアクティビティへの投票 最近のアクティビティ 投票
  • DSPCB Proをインストールしてアクティベーションするにはどうすればいいですか?

    1. 注文後に受信する確認メール上のリンクからインストールファイルをダウンロードしインストールを実行する。2. インストール完了後、インターネットに接続されている事を確認し DSPCB Proを起動します。 初回起動時、DesignSpark.comアカウントへのログインを求められます。 アカウントをお持ちでない方は「登録(Register)」ボタンから登録をし...

  • DesignSpark PCB "PCB Parts Library"の使い方

  • 多ピン部品などの回路記号を複数シンボルに分割できますか?

    本サービスでは単一シンボルとして回路図を提供しております。 これを複数シンボルに分割するには別途「ECAD Part Wizard」を使用する必要があります。 「ECAD Part Wizard」はExcel用のプラグインとなっており、Excelのインタフェースで「シンボルの分割」「ピンの向き」「ピンの位置」を調整頂くことができます。    

  • 検索の手順を教えてください

    まずダウンロードツールである「Library Loader」をインストールし起動しておいてください。PCB Part Libraryの部品ライブラリはいくつかの方法で検索することができます。 1. 専用の検索ページ こちらの専用ページで部品の検索がおこなえます。 2. RSオンラインの商品ページ RSオンラインで部品検索をすると、以下からデータをダウンロード頂けます。 3. DSの部品ライフ...

  • 基板CADライブラリ提供サービス「PCB Part Library」セットアップ方法

       

  • 部品ライブラリを作成する際、回路図記号のみで使用できますか?(PCBシンボルを指定しなくてもよいですか?)

    回路図記号のみで使用できます。 新規部品を使用する際、とりあえず回路図記号のみ使用したい場合もあると思います。その場合はまず、Schematic symbol を新規作成し、次にComponent作成時に先ほどのSymbolのみを割り当てることで回路図のみの部品ライブラリを作成することができます。 電源、GND、図枠などを定義する場合、この方法を使用します。   関連項目 ライブラリマネージ...

  • 基板に配線する方法を教えてください。

    デザインは手動または自動で配線することができます。この処理では、電気的なポイント間の接続を物理的な銅のトラックに変換します。 自動配線 [Auto route (自動配線)]オプションは、手動で配線する場合と同じようにネットを電気的なトラックに変換するのに使用します。高密度なデザインの場合、このオプションを使用することで、作業時間を数時間から数日短縮することができます。自動配線機能は、通常、...

  • DesignSpark PCBとDesignSpark PCB Proの違いを教えてください。

    DesignSpark PCB Proはプロのエンジニア向けに無料版のDesignSpark PCBソフトウェアを改良したものです。高い構成能力と特別な機能を備え、生産及び自動試験に対応できる高度な基板設計を支援します。 機能比較表 https://designspark.zendesk.com/hc/en-us/articles/360002484738 

  • コンポーネントライブラリはどのような構成になっていますか?

    コンポーネントライブラリは、ファイル拡張子が.cmlとなっています。ライブラリ内の各コンポーネントは、そのコンポーネントを構成する記号の記号名とライブラリ名を認識します。各コンポーネントには、複数の回路図記号「ゲート」、複数の基板フットプリント、それぞれの記号が格納されます。例えば、コンポーネントに回路図で使用する3つのNANDゲートと電源、基板で使用するDIL及びSMDフットプリントがすべ...

  • 回路図に配線を追加する方法を教えてください。

    電気ピン間の接続するために、回路図デザインに配線を追加します。基板デザインに変換したときに、これらの配線はネットリストとして出力されます。 次のいくつかの方法で配線を追加できます。 [Add (追加)]メニューの[Add Connection (配線の追加)]オプションを使用します。 あるいは、回路図ツールバーから配線を追加する、コンポーネントピン端子(ピン:X状のもの)をクリックして配線...