メインコンテンツへスキップ

ライブラリのエクスポート

コメント

7件のコメント

  • Brad Levy

    In the library manager, you can hold down the control key while clicking on multiple items in the library, then let go, then click the Copy To... button. Then in the dialog that comes up, select [New Library] in the Library box. You can then share that with others. Don't forget that components you share may reference schematic symbols and PCB symbols (footprints) which you will also need to share for others to use the components.

    ライブラリマネージャーでは、Ctrlキーを押しながらライブラリ内の複数のアイテムをクリックし、放してから[コピー先...]ボタンをクリックできます。 次に表示されるダイアログで、[ライブラリ]ボックスの[新しいライブラリ]を選択します。 その後、それを他のユーザーと共有できます。 共有するコンポーネントが回路図シンボルとPCBシンボル(フットプリント)を参照する可能性があることを忘れないでください。これらは、他のユーザーがコンポーネントを使用するためにも共有する必要があります。

     

    0
  • Atsuyuki Imaizumi

    ありがとうございます。

    なるほど、部品ごとにライブラリを作れば渡せるということですね。

    Thank you very much.

    Well, it means that you can pass it by creating a library for each part.

     

    0
  • Brad Levy

    You can copy more than one part to the same library. After you specify [new library] for the first one, and give the new library a name in the file save dialog, it will default to that same library for the remaining ones you control-clicked on. (Or you can specify [new library] for each one, if you do want them separate.)

    複数のパーツを同じライブラリにコピーできます。 最初のライブラリに[新しいライブラリ]を指定し、ファイルの保存ダイアログで新しいライブラリに名前を付けると、コントロールクリックした残りのライブラリには、同じライブラリがデフォルトで使用されます。 (または、個別にしたい場合は、それぞれに[新しいライブラリ]を指定できます。)

    They do need to be separate libraries for each type of item, though (schematic symbol, PCB symbol, component).
    In other words, PCB symbols have to go in .psl libraries, schematic symbols in .ssl libraries, and components in .cml libraries. But the .psl, .ssl, and .cml libraries can share the first part of the filename. For example, you could have Atsuyuki_Imaizumi_parts.ssl, Atsuyuki_Imaizumi_parts.psl, and Atsuyuki_Imaizumi_parts.cml.

    ただし、アイテムのタイプ(回路図シンボル、PCBシンボル、コンポーネント)ごとに別々のライブラリである必要があります。
    つまり、PCBシンボルは.pslライブラリ、回路図シンボルは.sslライブラリ、コンポーネントは.cmlライブラリに配置する必要があります。 ただし、.psl、.ssl、および.cmlライブラリは、ファイル名の最初の部分を共有できます。 たとえば、Atsuyuki_Imaizumi_parts.ssl、Atsuyuki_Imaizumi_parts.psl、Atsuyuki_Imaizumi_parts.cmlを作成できます。

    And if you want to later add more parts to the library you want to share, you can just select it as the destination instead of [new library].  You can also Move parts between libraries, using the Move To... button instead of the Copy To... button. That will remove the parts from the original library after copying them to the destination library.

    後で共有したいライブラリにさらにパーツを追加したい場合は、[新しいライブラリ]の代わりに、それを宛先として選択できます。 [コピー...]ボタンの代わりに[移動...]ボタンを使用して、ライブラリ間でパーツを移動することもできます。 コピー先のライブラリにパーツをコピーした後、元のライブラリからパーツを削除します。

    -Brad (just another user)

    0
  • Brad Levy

    Also be aware that DesignSpark PCB  schematic and PCB files are self-contained: they include copies of the parts used in them. So if you are sharing a board design with someone, you don't need to send along library files containing the parts used.

    また、DesignSpark PCB回路図とPCBファイルは自己完結型であることに注意してください。これらには、使用されているパーツのコピーが含まれています。 したがって、ボードデザインを誰かと共有している場合は、使用するパーツを含むライブラリファイルを送信する必要はありません。

    0
  • Atsuyuki Imaizumi

    何度もありがとうございます。

    Many times Thank you.
    0
  • DesignSpark Support

    もう解決しているかもしれませんが、補足します。

    特にエクスポートのような作業を行わなくても、ライブラリファイルを相手にわたすことで、その部品が相手側で使用できるようになります。

    DSPCBでは1つの部品は、コンポーネントライブラリ(*.cmp)、スケマティックライブラリ(*.ssl)、PCBライブラリ(*.psl)の3つのライブラリから構成されているので、この3つのライブラリを相手側の環境のライブラリ設定で読み込んであげることで使用できます。

    https://designspark.zendesk.com/hc/ja/articles/115003044469

    もしくは自分のライブラリフォルダと相手のライブラリフォルダを、One Driveなどの共有フォルダにしてしまえば、自分と同じ環境で相手側もライブラリが使用できるようになります。チーム設計する場合にこのような設定が使えると思います。

    0
  • Atsuyuki Imaizumi

    ありがとうございます。

    自分のユーザライブラリには、自分用のライブラリや人に見せたくないものも入っているため、渡したいライブラリだけを抜き出したかったです。ライブラリLoaderのサービスがありますが、あれと同じようなことをやりたかった。

    自分の使用している部品のライブラリを部品ごとに紐づけて、みたいなことを考えていたんですが、ちょっと手間ですが、渡すように部品ごとにライブラリを作って保管する、自分が使う時は自分のライブラリから使うようにしようと思ってました。

    ライブラリを自分でアップデートしたら、エクスポートし直す必要がありますが、それほどその頻度はないかな、と思っています。

     

    1

サインインしてコメントを残してください。