DesignSparkに戻る
フォローする

DesignSpark PCB: オリジナルの図面枠を作成する方法

ここではDesignSpark PCBでオリジナルの図枠を作成する方法を説明します。

DesignSpark PCBのデフォルトライブラリには、あらかじめ数種類の図面枠が用意されています。(schema.cmlやDesignSpark.cmlといったコンポーネントライブラリにあります)。しかし、表題欄やチェック項目などの枠の仕様を変更したい場合、図面枠を新たに作成する必要があります。このページでは既存の図枠ライブラリを利用して新たな図面枠を作成する方法について解説します。

ライブラリの作成する際、DesignSpark PCBでのライブラリの構造を理解している必要がございます。特に「回路シンボル」「PCBシンボル」「コンポーネント」の3つライブラリの違いを理解しておく必要があります。詳細についてはライブラリの構造について詳しく解説したページをご覧ください。

まずDesignSpark PCBを起動し、左上にあるLibrariesというボタンをクリックします。

すると、ライブラリマネージャが開きますので、Componentsタブに移動し、Library:から、schema.cmlを選択します。

このscheam.cml の中には、サイズや規格毎に数種類の図枠があります。図面枠も通常の部品と同じ扱いになっています。 ウィンドウ右下に「回路シンボル」と「PCBシンボル」のプレビュー欄がありますが「PCBシンボル」側は何も表示されていません。これはこの図面枠が回路図シンボル用として登録されている事を意味しています。

今回は例としてA3を選択、Edit...をクリックすると、編集画面が表示されます。

この編集画面上で右クリックして、Propertiesを選択します。

プロパティウインドウのGateタブを選択します。すると、このライブラリの図枠の形状が、回路シンボルライブラリ「discrete.sslA3を使用していることがわかります。

再びライブラリマネージャを開き、今度はSchematic Symbols(回路シンボル)タブに移動し、discrete.sslを選択します。

ライブラリの中で先ほどのA3を選択し、Copy To...をクリック、コピーを作成します。

ライブラリの保存先として、Libraryには[New Library]を、Symbol Nameには適当な名称を、それぞれ設定します。

今回、Library名称をframe.ssl、Symbol名をA3 と設定しました。すると次のように新しいライブラリが作成されました。このファイルを編集していきます。Edit...を選択してください。

次のような回路図シンボルの編集画面が新たに開かれます。

既存の外枠や項目などを編集して、好みの図面枠に修正します。この際、用いるツールは、ライブラリの回路図記号の作成と同一です。

今回、つぎのような図枠を作成しました。

以上でオリジナルの図枠を用意することができました。しかしこのままではこの図枠を使用することができません。使用するためには、その図枠をコンポーネントライブラリとして登録する必要があります。今回は最初にご覧頂いたSchema.cml ライブラリのA3 に割り当てられるように登録してみましょう。

コンポーネントタブでSchema.cmlライブラリのA3を選択し、Editボタンで編集画面を表示させ、プロパティウインドウを開いてください。GateタブのシンボルのLibrary:frame.sslに変更します。

最後に保存します。これでA3コンポーネントとして、オリジナルの図面枠に変更することができました。

実際に回路図に配置してみたいと思います。Add Componentボタンを押して、ウインドウを開き、schemaライブラリのA3を選択し、配置します。

あとは、回路図を枠内に作成することで、図面枠として利用できます。

以上、DesignSpark PCBでオリジナルの図面枠を作成する方法のご紹介でした。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。