DesignSparkに戻る
フォローする

DesignSpark PCB の便利なショートカットキー

ESC
キャンセルです。部品選択後などにESCキーを押すことによってすぐに標準状態に戻すことができます。

L
レイヤー変更です。配線・ベタ銅箔・パッドなどのレイヤーを変えることができます。配線の場合、自動的にビアがうたれます。

F
フリップ(ひっくり返す)です。選択した部品の裏表を切り替えます。回路図編集の時はシンボルが左右反転するだけですが、基板レイアウト編集時は、左右と表裏が反転します。

F9
インタラクションバーの表示切り替えです。設置した部品の選択や位置の確認、使用している部品のチェックなどに便利です。

Ctrl + L or F11
ライブラリーマネージャ を開きます。

R
部品を左回転させます。

Alt + R
部品を右回転させます。

Ctrl + Z
編集状態を1つ前に戻します。

A
作製中の図面を最大表示させます。

O
マウスカーソルの位置を原点にセットします。


原点を基準にして、指定した相対値に部品を移動します。

Shift +
現在の位置を基準にして、指定した相対値に部品を移動します。

Shift + 1 , 2 , 3 
数字に対応したレイヤーのみを表示します。
1:トップレイヤー 2:インナーレイヤー 3:ボトムレイヤー

Ctrl の場合は数字に対応したレイヤーのon/offを切り替えます。

Wheel Click
マウスのホイールをクリックすることによって、画面を攫むことができます。

Shift + Click

配線選択時に、一度目のクリックで端子間を、2度目のクリックで同電位間の銅線を、それぞれ選択することができます。

1度目



2度目



選択されたネットの全長が右下の「Len:」にて表示されます。

この他のショートカットキーはDesignSpark PCB内の「Help>Shortcut Keys」からご確認ください!

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。