DesignSparkに戻る
フォローする

DesignSpark PCB クロスプローブ機能

クロスプローブ(X-probe)機能はツール上で回路図と基板レイアウトの間で部品の参照を行える機能です。 基板レイアウト上で特定の部品を探し出すのは比較的簡単なのですが、同じことを回路図上で行うと非常に苦労する場合があります。クロスプローブ機能は、どちらかのビューの部品をクリックすると、即座にもう一方のビューの該当部品が選択される機能です。 基板レイアウト画面から回路図、もしくはその逆に回路図から基板レイアウト画面へとスムーズに移動します。この機能は既存の設計においてアイテムを探して配置することも可能にします。これは、それぞれのデザインプロセスの段階間における設計データの統合に役立ちます。

クロスプローブの使い方

 メインメニューのEdit>Cross Probe か、ツールバーの右側にあるCross Probeアイコンから利用できます。Shiftキー+Xキーにショートカットが割り当てられています。 クロスプローブ機能はプリント基板設計と回路図編集画面で使用頂けます。

クロスプローブオプションを使うには、利用前にアプリケーションをクロスプローブモードに設定するため、ツールバーのCross Probeアイコンを選択してください。もしくは EditメニューのCross Probeを選択することでも利用できます。

一度選択すると、そのデザイン内でクロスプローブ可能になります。

クロスプローブを利用できるアイテム一覧

ピン/端子Pins/Terminals

ピンの選択により機能

コンポーネントComponents

コンポーネントもしくはゲートシンボルの選択により機能

Nets

connection/track/net 名 もしくは copper(銅箔)の選択により機能

閉じたバス

同一のnet名を含んでいる閉じたバスの選択により機能(異なるシート上のすべての類似した閉じたバスを参照するのに適しています。)


複数シートにおけるクロスプローブ機能の利用

複数の回路図から一つのプリント基板が作られている場合、そのプリント基板設計からプローブするためには、すべての回路図がプロジェクトに含まれていなければいけません。プロジェクトを使用していない場合、単一の回路図とそれに対応するプリント基板設計を利用するにはデザイン名を同じである必要があります。SettingsメニューのPreferencesダイアログに定義されている設定を変更することで、クロスプローブ機能の検索範囲を変えて動作させることも設定可能です。

同一プロジェクトで異なる名称を持つデザインを利用する場合は、PreferencesダイアログのオプションからProbe All Open Designsを選択することでプローブできます。

回路図間のクロスプロービングは、複数シートにまたがったnetを調べるようにして、複数に分かれたコンポーネントの参照や一緒に配置されていないゲートシンボルも調べることができます。ただし、回路図は同一のプロジェクトに含まれている必要があります。

Bring Probed Design Windows to Frontを選択すると、プローブされたデザインがアクティブになり、必ず最前面に来るようになります。

Which Designs To Probe項目にある二つのオプションは、クロスプローブの動作を強制的に変更できます。Probe Corresponding Designを選ぶと、同一プロジェクト内か同一の名称をもったデザインのみがプローブされます。その他のデザインは無視されます。プリント基板のデザインをプローブした場合は、プローブされたnet名が含まれていない回路デザインも自動的に開かれます。一方、回路図のデザインをプローブした場合は、プリント基板のデザインは自動的に開かれプローブされますが、回路図はすでに開かれているもののみがプローブされます。

反対にProbe AllOpen Designs を選択すると、デザイン名に関係なく、開かれた他の対応しないデザインもプローブされます。このオプションを使う場合は、関連のないデザインも偶然選ばれてしまうことに注意する必要があります。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。