DesignSparkに戻る
フォローする

DesignSpark PCB: クイックスタートガイド1 [基本操作編]

ここでは、基板CAD初心者の方に、DesignSpark PCBの一通りの使用方法(回路図作成からプリント基板設計まで)を、全4回のシリーズに分けてご紹介します。第1回目は、基本知識や操作について説明していきます。

DesignSpark PCBでできること

電子回路を安定的に動作させるには、電子部品を実装した基板を設計する必要があります。例えば、精密な部品をたくさん使うような場合、手作業でリード線を繋ぐわけにはいきません。そこで、銅箔パターンで配線を描画されたプリント基板が用いられています。プリント基板上のパターンは当然回路ごとに製作する必要があり、高額の設計費用が必要でした。しかし昨今では、販売用製品のプリント基板を小ロットで低コストで作成するサービスが急速に増えており、プリント基板製作の敷居が非常に低くなっています。無料の回路・基板設計CADであるDesignSpark PCBを使ってプリント基板を製作してみましょう!

DesignSpark PCBは、部品同士の接続関係を示す回路図を作成し、そこからプリント基板のパターンを設計することができます。更に、回路シミュレータへの出力・製造のためのガーバーデータの出力・部品表(BOM)の出力・3D CADへのモデル出力 (無料でご利用可能な3D CADDesignSpark Mechanicalもご用意しています) などに対応しています。基板加工機にデータを出力することも可能です。

基本操作

サンプル回路を開く

まずサンプルファイルを開いてみましょう。画面左上[File]>[Open...]を選択し、
C:\Documents and Settings\All Users\Documents\DesignSpark PCB\Examples 
にあるサンプルファイル  riaa amp.sch  を開いてください。(設定によっては、別の場所に保存されている可能性もあります。)

すると、次のような画面になると思います。これが回路図です。続いて、画面の操作をしてみましょう。

画面操作

画面操作には、下図のようにマウスのホイールを使います。まずホールでズームを調整できます。回路全体を表示したいときはAキーを押してください。インタラクションバーとは、上図の右側に表示されている部分をさします。今後、部品の選択などで頻繁に使います。画面を広く使いたいときは、非表示にするとよいでしょう。

インターフェース

DesignSpark PCBのインターフェースの名称は、下の図のようになっています。特に覚える必要はありませんが、解説文中にしばしば登場するので、どこを操作すればよいかわからなくなったときにご覧ください。

長さの単位

DesignSpark PCBでは、基板設計でよく使用される4つの単位、ミリメートル(mm)、インチ(inch)、ソウ(Thou)、ミル(mil) を使用することができます。パターンの設計には、主にthouやmilが使われます。穴のサイズやボード形状など、機械設計に関わる部分にはmmがよく使用されます。たとえば、電子部品でよく用いられているDIPパッケージは、100mil(2.54mm)ピッチで端子が並んでいます。それぞれの単位は次のような関係になっています。

1000[thou]  =  1000[mil]  =  1[inch]  =  25.4[mm]  =  2.54[cm]

初期設定

使用フォルダ

デフォルトの設定では、ユーザのドキュメントフォルダにDesignSpark PCBのフォルダが作られています。この中に、サンプルや部品ライブラリなどが入っています。

ライブラリの設定

初期状態では、ライブラリが適用されていないので設定をします。まず、メニューバーから[File]>[Libraries...]を選択してください。

すると、つぎのようなLibrary Managerの画面が出ると思います。ほかのタブの画面が表示されている場合は[Folders]タブを選んでください。矢印で示しているフォルダを選択し、右にある[Folder Enabled]チェックボックスにチェックをいれてください。

次のように、画面下半分にさまざまなファイルが表示されたら、右下[適用]をクリックして適用完了です。ウインドウを閉じてください。

以上で、今回の説明は終了です。次回は、実際に回路図を製作していきましょう。

以下の動画も参考にしてみてください。

この記事は役に立ちましたか?
4人中4人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。