DesignSparkに戻る
フォローする

コンポーネントライブラリはどのような構成になっていますか?

コンポーネントライブラリは、ファイル拡張子が.cmlとなっています。ライブラリ内の各コンポーネントは、そのコンポーネントを構成する記号の記号名とライブラリ名を認識します。各コンポーネントには、複数の回路図記号「ゲート」、複数の基板フットプリント、それぞれの記号が格納されます。例えば、コンポーネントに回路図で使用する3つのNANDゲートと電源、基板で使用するDIL及びSMDフットプリントがすべて割り当てられている可能性があります。

下の図は、各デザインエディタでの要求に応じて、コンポーネントが回路図記号ライブラリと基板記号ライブラリの両方にアクセスする仕組みを示しています。

関連項目

ライブラリマネージャの使い方を教えてください。

組み込みライブラリの管理方法を教えてください。

この記事は役に立ちましたか?
1人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。