DesignSparkに戻る
フォローする

基板にトラックを配線する方法を教えてください。

回路図を完成させた後に基板に銅のトラックを配置する方法について説明します。

1. 以下は、2つのコンポーネントから成る簡単な回路図の例です。各コネクタのピンを単純な1対1の配置でネット接続します。

2. 基板設計を作成します。
メニューバーで[Tools (ツール)]>[Translate To PCB (基板設計に変換)]を選択します。

3. 基板設計ウィザードを使用して、必要な基板サイズとレイヤ要件を作成します。

コンポーネントを目的の場所にドラッグすると、例に示すように、「エアワイヤ」(一般的には「ラッツネスト」)で接続されたコンポーネントが表示されます。これらは銅のトラックではありません。これらを銅で配線するのが、これからの作業です。

4. ツールバーの[Add Track (トラックの追加)]アイコンを選択します。ポインタが、銅を配置できる状態になります

5. 配線するエアワイヤをクリックすると、パッドからトラックが表示されます。必要に応じて銅を配線して、トラックを完了します。

ヒント:

  1. パッドをクリックしないでください。パッドをクリックすると銅が配線されますが、エアワイヤは削除されません。
  2. 作業中に右クリックすると、トラック幅の変更などのオプションが表示されます。

6. デフォルトは[Orthogonal (直交)]配線です。右クリックすると、以下の図のように、ごく一般的な配線スタイルである[Miter (斜め継ぎ)]などのオプションを選択できます。

7. セグメントの任意の部分を編集する場合は、(Escキーを押して[Add Track (トラックの追加)]モードを終了してから)目的の部分をクリックして(トラックの追加部分はCtrlキーを押しながらクリックして)ハイライトします。ショートカットキーCtrl+Uを使用すると、エアワイヤの接続を維持したまま、配線を元に戻せます。
[Undo (元に戻す)]アイコンをクリックすると、最後に実行したステップから順にトラックの配置を元に戻せます。便利で簡単に使える編集方法です。

ヒント:

  1. Deleteキーは使用しないでください。エアワイヤの接続が削除されます。誤ってDeleteキーを押してしまった場合は、[Undo (元に戻す)]を使用してエアワイヤを復元してください。
  2. セグメントのエアワイヤ部分を再配線するときは、前と同じように[Add Track (トラックの追加)]を使用し、エアワイヤをクリックして、これに配線を追加します。

メニューバーの[Help (ヘルプ)]をクリックするか、Shift+F1キーを押すと、さらに多くの情報を参照できます。

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?
1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。