DesignSparkに戻る
フォローする

"Component Outlines"の実際の使用方法を教えてください。

DesignSpark PCBでは、デフォルトで「Component Outlines(コンポーネント外形)」を検索し、これを使用して設計ルールをチェックします。
外形が見つからない場合は、バックアップとしてシルクスクリーンの形状を使用します。

上記の問題は、スルーホールコンポーネントで発生します。外形が定義されていないと、DRCはシルクスクリーンを使用します。シルクスクリーンは基板を通過して投影されるため、コンポーネントが両面にあるかのように表示されます。これは、スルーホールコンポーネントで基板の下部にコンポーネントを配置しない限り、通常はスルーホールコンポーネントで問題になりません。

コンポーネント外形レイヤーを使用すると、次のことが可能になります。

1. コンポーネントの形状を基板の片面に割り当てる
2. DRCの目的で基板の各面に異なる輪郭を表示する
3. 外形がシルクスクリーンの形状と異なるかどうかを確認する

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。