DesignSparkに戻る
フォローする

電源記号とアース記号を回路図に追加する方法を教えてください。

回路図で、電源記号とアース記号は、電源への接続を示すのに使用します。これらの記号は、表示目的でのみ必要で、基板には変換されません(これらには基板フットプリントが関連付けられていません)。これらが表す信号(ネット)は、変換段階で見えない接続も含めすべて接続されます。電源記号とアース記号自体は固有のネット名プロパティ(GND、VCCなど)を含むことができ、これらは記号がネットに接続されたときに自動的に使用されます。

電源記号を追加するには

インタラクションバー(<F9>)の[Add Component (コンポーネントの追加)]ブラウザを使用して、電源記号を追加できます。

ドロップダウンリストからSchemaライブラリを選択します。なお、これは回路図のみのコンポーネントライブラリで、基板記号は関連付けられていません。

[Component (コンポーネント)]リストで[0V]を選択します。選択した記号がプレビューボックスに表示されます。これらのすべての記号には、基板記号は関連付けられていません。これらは回路図のみに表示される記号です。

 

0V記号をブラウザからデザインにドラッグします。

記号を既存の接続にドラッグしてこれを接続します。名前の付いていないネットを名前の付いているネットに接続することを示す確認ダイアログが表示されます。これにより、不明なネットを接続することがなくなります。

[OK]をクリックして、これを確定します。

 

同様の方法で、[Add Component (コンポーネントの追加)]ブラウザから+5Vシンボルを追加できます。

 

 

 

関連項目

ネットリファレンスを追加する方法を教えてください。

 

 

この記事は役に立ちましたか?
1人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。