DesignSparkに戻る
フォローする

新しい部品表見積り機能の使い方

[BOM Quote (部品表見積り)]ダイアログウィンドウには、メニューバーの右側にある[BOM Quote (部品表見積り)]ボタンからアクセスできます。部品表見積りには、現在の設計又はプロジェクトの部品表が表示されます。インターネットに接続している場合は、最新のオンライン情報から直接取得した、部品表のアイテムの代表的な価格と在庫状況が表示されます。

bom_quote2.PNG

上の図は、部品表見積りの例です。ダイアログの上部にはボタンがいくつかあり(使い方については下記参照)、見出しセクションにはこの部品表が生成された設計又はプロジェクトの説明が表示されます。また、その下の表には部品表自体が表示されます。

部品表の下部には、表に表示された情報に基づいて見積られた合計額が表示されます。この合計額は、絶対的な価格でも保証された価格でもありません。この設計で必要なコンポーネントの予想費用を単に示しているだけです。部品表に表示される数字の正確性は、設計で部品のナンバリングがどの程度完成しているか、アイテムの在庫状況、及びその他の要素(RS購入アカウントの部品として適用される割引や大量注文のスライド価格など)によって変わります。

1_jp.PNG

表内のアイテムは色分けされているため、部品表の完成度がひと目でわかります。不足している品番や在庫のないアイテムといった個別の問題だけでなく、現在在庫のあるコンポーネントにどの程度合わせて設計が行われているかを示しています。

 

ダイアログボックスの上部には、部品表の管理や使用に役立つコントロールがいくつか用意されています。

3.PNG

複数の設計を作成する際に費用を見積るには、作成する基板の総数を入力し、緑色のチェックマークのボタンをクリックます。基板の数に応じて、部品表の費用が更新されます。

数量フィールドの横には、いくつかのアクションボタンがあります。

 Refresh (更新) - オンラインデータベースから最新の情報を取得して部品表を更新します。

  • Send to Colleague (同僚に送る) - 電子メールクライアントを使用して、画面上で確認できる部品表を組み込んだ電子メールメッセージを新規作成します。電子メールの本文で表示できる情報には制限があるため、画面と同じ色分けで表示されない場合があることにご注意ください。
  • Shopping Basket (買い物カゴ) - 地域のRSディストリビュータ経由で利用できるシステムに応じて、部品表をオンラインショッピングカート又は注文システムに転送します。
  • Export to CSV (CSVにエクスポート) - このボタンをクリックすると、他のソフトウェアで処理しやすいコンマ区切りのユニバーサルファイルフォーマット(CSV)で、部品表を保存します。

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。