DesignSparkに戻る
フォローする

基板を作成する前に実施すべきチェック

DesignSpark PCBには、回路図と設計ルールを使用して基板レイアウトをチェックするツールが用意されています。

このチェックは、回路図の接続が正しいこと、正しいコンポーネントが使用されていること(運用面から見た場合も含む)、及びコンポーネントのフットプリントと回路図記号がメーカーのデータと一致していることが前提となっています。

回路図と基板のチェックが完了したら、以下のツールと方法を用いてさらにチェックする必要があります。

 

回路図と基板が最新であることをチェックします。
Forward Design Changes (設計変更の転送)を実行し、必要な変更を加えます。
Forward Design Changes (設計変更の転送)は、関連する回路図シートと基板設計の間でネットリストを同期させるために実行します。

回路図のネットと基板トラックが一致していることをチェックします。
Optimise Nets (ネットの最適化)を実行し、エアワイヤが最新であることを確認します。
Optimise Nets (ネットの最適化)は、メニューバーの[Tools (ツール)] --> [Optimise Nets (ネットの最適化)]、又はショートカットのCtrl+Dから使用できます。
配線が必要なトラックの遮断は強調表示され、対応が完了したエアワイヤはすべて削除されます。

[Reports (レポート)]から、少なくとも[Net completion (ネット完了)]レポートと[Dangling tracks (ダングリングトラック)]レポートを生成します。設計は、完全かつ正しいネット/トラックの観点から完全でなければなりません。

これらのレポートには、[Output (出力)] --> [Reports (レポート)]からアクセスできます。

Built_in_reports.png

Design Rules Check (設計ルールチェック)を実行します。このチェックでは、一連のルールに照らし合わせて基板がチェックされます。少なくとも間隔とネットのチェックはすべて実行し、報告された問題が許容できるものかどうかを検証する必要があります。
報告される問題は製造コストの割増の要因となる可能性があるため(「線の最小幅」などの問題や「パッドのビア」のような信頼性の問題)、製造に関するその他のチェックも行う必要があります。
報告される問題はすべて、チェック実行者がレイアウト要件の一部として修正又は許容する必要があります。

以上のようなチェックを実行した場合のみ、製造に向けたGerberファイルの作成を検討します。
Gerberファイルもまた、メーカーに送る前にビューアでチェックする必要があります。

多くのユーザーはさらに、フルサイズのPDFファイルを作成及び印刷して、コンポーネントの方向や位置、基板のサイズをチェックします。

ぜひコミュニティフォーラムでディスカッションするためにコメントしてください。

関連記事:

シルクスクリーンのフォントサイズを変更する方法を教えてください。 - シルクスクリーンを成功させるために不可欠な情報

基板レイアウトをチェックする方法を教えてください。 - 設計ルールチェックの説明とインタラクションバーの使い方

基板外形をGerberプロットに追加する方法を教えてください。

 

キーワード:

DRC

設計ルールチェック

ネットの最適化

設計変更の転送

レポート

ネット完了

ダングリングトラック

Gerberファイル

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。